世界に一つのオリジナル財布の作り方

色々なものをハンドメイドで作るのは楽しいですよね。

 

私はパッチワークやキルトも好きですし、
その他にもクッションやらランチョンマットやらスカートやら、あれこれ作って楽しんでいます。

 

それで今回は、がま口財布の作り方を紹介したいと思います。

 

 

型紙の作り方

 

がま口財布は、手芸店などで口金を買うと、型紙がついてきます。

 

それを使えば、もちろん簡単にがま口財布が作れるわけなんですけど、
自分で型紙を作るのも難しいことはありません。
型紙を自分で作れば、自分好みのがま口財布を作れることになりますよね。

 

 

1. まずは製図をする紙にタテ・ヨコに十字の線を引きます。
そこにがま口財布の口金を置きます。
口金を置く場所は、左右の中心は十字のタテ線に合わせ、
口金のあき止まりのところをヨコ線に合わせるようにします。

 

2. あき止まりから外に1cm、上に2cmのところを線でつなぎます。

 

3. 十字の交差したところから下に5cmのところに、中心に合わせて左右に6.5cmの線を、
また交差したところから3cm下に9.5cmの線を引きます。

 

4. あとはこれを雲型定規などで曲線でつなげば、型紙は完成です。

 

※ 型紙は、全体とパッチワーク用の2枚を用意するようにしてください。

 

 

がま口財布の縫い方

 

1. まず全体の型紙で、接着芯4枚に印をつけます。
中心と、あき止まりの印をつけるのも忘れずに。
接着芯は、縫い代はなしで切り取ります。

 

2. 表布は、パッチワーク用の型紙で端切れ布に印をつけていきます。
縫い代を7mm取って裁断し、それぞれを縫い合わせてアイロンをかけておきます。

 

3. 裏布には接着芯をアイロンで接着させてから、縫い代を7mmあけて裁断します。

 

4. 表布にも接着芯を貼り付けましょう。

 

5 表布と裏布をそれぞれ、あき止まりまで縫い合わせます。
縫い始めと縫い終わりのところは、返し縫いを2〜3回しておくことを忘れずに。

 

6. 返し口を5cm取り、印をつけておきます。
その上で、裏布を表返して表布の中に入れます。

 

7. 返し口を残して表布と裏布を縫い合わせます。
特に縫い始めのあたりが縫うのが難しいので、縫い代をかまないように気を付けましょう。
縫い始めと縫い終わりに返し縫いするのも忘れずに。

 

8. 返し口から表に返し、全体を整えてから、返し口を縫い閉じます。

 

 

口金の付け方

 

1. 口金の溝の部分に、木工用ボンドを楊枝の頭の所でつけていきます。

 

2 がま口財布本体の左右の中心に印をつけ、
本体を中心から左右へ向け、口金の溝にはめ込んでいきます。
ここは「ボンドが乾いてしまうのでは」と焦ってしまいがちですが、その必要はありません。
落ち着いて、目打ちなどを使って布をしっかりと溝にはめ込んでいきましょう。

 

4. さらに紙紐を、目打ちを使って押し込んでいきます。
紙紐が細い場合があると思うんですが、
そのときには紙紐をほぐしてから使うようにするといいと思います。

 

5. 本体と金具がずれないよう、口金と本体の端の部分をしつけしておきます。

 

6. ペンチを使い、口金の四隅の部分をかしめていきます。
この時口金にキズがつかないよう、あて布をするのを忘れないようにしてくださいね。

 

7. ボンドが乾いたら、しつけを取れば、がま口財布の完成です。

 

※ これは本当にお財布として使ったらいいのはもちろん、小物入れにしたり、
ちょっとしたアメちゃんなどを入れたりしてもカワイイですよね。